F1の海外観戦をより楽しむために

大興奮間違いなしのF1観戦を楽しむためには、事前準備が大事になります。海外となっているので、現地で苦労することもあると思います。スムーズに観戦するために持っていきたいアイテムや気を付けたいことを把握して、観戦に備えましょう。

持っていくと便利なF1観戦アイテム5つ

望遠カメラ

現地でF1を観戦することが出来たら写真を撮って思い出として残したいですよね。そんなときにおすすめなのが、望遠カメラになります。観戦する場所によってはピットの風景などが上手く見えないことがあります。その際に望遠機能に優れているカメラを持つことで、綺麗に撮影出来るでしょう。

カッパなどの雨具

意外と持っていて便利になるアイテムはカッパやポンチョなどの雨具になります。サーキット場やレース付近などF1が関連している場所は人混みがすごくて傘をさすことが出来ません。また、現地で雨具が売っていないこともあるので、自分で事前に準備しておくと良いですよ。

サインペンやサイン帳

F1を現地で観戦すると、嬉しいことに選手や関係者などとの遭遇率が極めて高いです。偶然遭遇したとしても、手元無沙汰だとサインを貰うことが出来ないので悔しい思いをするでしょう。万が一のことを考慮して、サインペンとサイン帳はずっと持ち歩いておくことです。

Wi-Fiルーター

海外でも問題なく使用出来るWi-Fiルーターを持っていきましょう。このWi-Fiルーターは事前に日本でレンタルすることが可能なので、レンタルしておくのが良いです。海外で色々と調べものをする際は、スマートフォンやタブレット端末を使うので気軽にネットが出来る環境を作っておくことが肝心です。

耳栓

レースを観戦する場所によっては、想像していたよりも大きな音がします。音も相まって臨場感をすごく感じることが出来ますが、耳栓をしないと観戦することが出来ないこともあります。そのような場合は耳栓が必須になります。また、現地で購入する耳栓は高いので、日本から持参しましょう。

海外観戦で気を付けたいこと

車の展示

パスポートを確認しよう

現地に行ってF1観戦する場合は、海外旅行になるのでパスポートの確認を怠らないようにしましょう。また、パスポートには有効期限があるので、有効期限の残りが滞在する国の条件に適しているかなども前もって確認を行なう必要があります。有効期限が少ないパスポートだと入国出来ない国もあるので気を付けることです。

早めの予約が大事

モナコGPやシンガポールGPなどは非常に人気が高いグランプリとなっているので、早めに予約を取っていないと観戦チケットが売り切れてしまうなんてことがあります。また、観戦チケットが取れていても会場付近のホテルが混雑していて、会場から離れているホテルに泊まるケースも少なくはありません。そのため、早め早めに予約を済ませておくことです。

現地では余裕を持った行動を

海外観戦の場合は、入場する際のセキュリティチェックが厳重でしっかりと行ないます。そのため、入場するのに相当な時間が必要になることもありますよ。入場に時間がかかって、レースを満足に見ることが出来なかったなんてことにはなりたくないので、現地では常に時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

現金を持つこと

海外ではクレジットカードの使用が便利ですが、F1観戦ではクレジットカードが使える場所があまりないので気を付けましょう。会場内で購入するものはほとんど現金のみの支払いとなっています。また、海外ではチップ制なので、レストランなどで食事をした際も現金が必要になります。多めに現金を持つことをおすすめしますよ。

危険なところには行かない

F1観戦が終わると、場合によっては観光を楽しむこともあります。そのときに、当たり前ですが危ないところには立ち寄らないように気を付けることです。日本より治安が悪い場所も多くあるので、危機感を持って行動していきましょう。また、事前に滞在する国の情報を集めていくことが重要です。

広告募集中